カルテが残っていない死亡事案

死亡事案において,当時の医療記録が既に廃棄されている事例も当事務所では多く取り扱っております。 死亡から20年以内であれば3600万円,20年以上が経過している場合は900万円の給

続きを読む ››

持続感染判明から1年分の医療記録

B型肝炎給付金訴訟において,一定の時期のカルテの提出を求められています。(詳しい説明はこちら) 持続感染判明から1年分の医療記録については,存在しない場合は,不存在の証明を求められ

続きを読む ››

昨日の和解成立分

だんだんと国と審査のペースが速くなってきたようですが,まだまだ滞留しております。 肝がんの依頼者の方から,再発したので早く結論を出してほしいとの悲痛なお声もあり,国に掛け合って,審

続きを読む ››

慢性肝炎和解事例

慢性肝炎の病態の認定についての,具体的な基準は,「6か月以上間隔をおいた2時点において連続してALTの異常値が認められる場合」とされています(厚労省の手引き12頁)。  

続きを読む ››

最近のご相談者とのよもやま話

B型肝炎給付金請求の特別措置法が施行されて6年以上がたっていますが,まだまだ給付対象者であるにもかかわらず,手続きに動いておられない方がたくさんおられます。 特に,無症候性キャリア

続きを読む ››

きょうだいで,それぞれ一次感染者という例も

きょうだいで,複数の方がB型肝炎のキャリアという事例も結構あります。 たとえば,「姉も私もキャリアなので,ずっと母子感染だと思っていました」というケースでも母親が健在で母親に検査を

続きを読む ››