慢性肝炎和解事例

慢性肝炎の病態の認定についての,具体的な基準は,「6か月以上間隔をおいた2時点において連続してALTの異常値が認められる場合」とされています(厚労省の手引き12頁)。  

続きを読む ››

最近のご相談者とのよもやま話

B型肝炎給付金請求の特別措置法が施行されて6年以上がたっていますが,まだまだ給付対象者であるにもかかわらず,手続きに動いておられない方がたくさんおられます。 特に,無症候性キャリア

続きを読む ››

きょうだいで,それぞれ一次感染者という例も

きょうだいで,複数の方がB型肝炎のキャリアという事例も結構あります。 たとえば,「姉も私もキャリアなので,ずっと母子感染だと思っていました」というケースでも母親が健在で母親に検査を

続きを読む ››

除斥期間の起算点について

B型肝炎給付金請求では,病態によって給付金の区分があるとともに,「除斥期間経過」という区分もあります。 民事上,損害の発生から20年が経過すると,請求権が消滅するという規定があり,

続きを読む ››

父子感染について

父子感染だと思い,最初から手続きをあきらめている方もいらっしゃいますが,ちょっと待ってください! まず,父子感染だと思う理由について, ・単に,亡くなった父親が肝がん(または肝臓病

続きを読む ››