妊婦健診でB型肝炎ウイルスの感染を指摘された方

妊婦健診で
B型肝炎ウイルスの感染
がわかった方

赤ちゃんは大丈夫?私は支給対象者?お医者様のアドバイスを受けると共に、みお綜合法律事務所にもご相談ください。

まずは検査を受けましょう

感染が一過性のものであれば、B型肝炎給付金の給付対象にはなりません。
こちらをご覧の上、まずは詳しい検査を受けてください。

まずは検査を受けましょう

B型肝炎給付金を受け取るためには?

国が提示する要件に当てはまる資料の提出が必要です。

給付は、基本的には、過去の集団予防接種でB型肝炎ウイルスに感染された一次感染者か、一次感染者である母か父から感染した二次感染者が対象ですが、国が定めた、対象者であることを証明する資料を収集して提出する必要があります。

「みお」に相談するタイミングは? 

請求期限があります。まずはご相談を。

この制度は、2027年3月31日までの期間限定です。資料集めや手続きにかかる時間(約1年~1年半)がありますので、お早めのご相談をお勧めします。あなたが対象者かどうかお調べするのは無料ですし、ご相談は何度でも、ご契約前でも無料です。

妊娠中でも、無理なく手続きを進められます(みおが代行します)。

国との交渉は形式的な裁判で進められますが、弁護士が代行しますので、お客様が出向く必要は一切ありません。資料の収集についても、戸籍やカルテの収集など代行可能なことはオプションで承っておりますのでご安心ください。

B型肝炎の症状が出ていない場合  

無症状(無症候性キャリア)の方も請求できます。

今は何ともなくても、突然発症する場合があるのがB型肝炎の怖さです。乳幼児期にB型肝炎ウイルス(HBV)に感染すると、90%以上の方が、体内に多くのB型肝炎ウイルスが潜伏している状態の「無症候性キャリア(HBs抗原陽性)」になります。現在自覚症状がなく、検査数値も正常な方、飲酒をしない方でも、年齢を重ねるうちに、急に肝炎を発症し、慢性肝炎、肝硬変、さらには肝がんへと進行する危険性が高まりますので、ご家族のためにも、無症状で体調の良いうちに手続きをしておかれることをお勧めします。

今後、症状が悪化すれば、追加給付金を請求できます

既に「無症候性キャリア」の給付金対象者と認められていれば、万一、B型肝炎や肝硬変、肝がんが発症した場合、必要な手続きを行えば、病状に応じた追加給付金が受けられます。
さらに、発症の早期発見と重症化予防の費用や、ご家族への感染防止医療費用の支給も受けられます。

赤ちゃんに感染している可能性は?

赤ちゃんには、出生直後からワクチンなどの感染予防対策がとられます。

ご心配なことと思いますが、胎内感染の可能性は5%以下といわれており、出生後の検査でわかります。残念ながら今のところ胎内感染の予防はできません。
多くの場合、分娩時に、B型肝炎ウイルスに感染しているお母さんの血液に触れることで感染するので、昭和61年(1986年)以降、新生児に生後すぐ抗体(Y_グロブリン)を投与して感染を予防し、その後ワクチンを注射して、ウイルスが体内に残る(キャリア化)のを防ぐようになりました。この方法で、新生児の9割以上が母子感染するのを防ぐことができるようになったといわれています。

他の家族は大丈夫?

あなたが給付金の対象者なら、あなたのご両親やごきょうだい、他のお子さんも感染者として支給対象者になる可能性があります。さらに、パートナーが感染されている可能性もありますので、B型肝炎の検査を受けていないご家族は、検査を受けられることをお勧めします。

よくあるご質問

妊婦検診では必ずB型肝炎検査をしてくれますか?
ほぼ100%の病院で検査をしますが、検診の検査項目になければ、医師に依頼するか連携病院などで必ず受けるようにしましょう。
新生児期にB型肝炎に感染するのと、成人して感染するのとで、どう違うのですか?
成人がB型肝炎ウイルスに感染して肝炎になると、ウイルスに対する抗体ができ、ウイルスが消えて治っていきます。一方、新生児が感染すると、抗体ができずに、ウイルスが一生体内に残ってしまい(B型肝炎ウイルスのキャリアといいます)、10~15%は将来B型肝炎を発症する可能性があり、気付かずに重症化して、肝硬変や肝がんに進行する場合もあります。また感染を知らずにいると、家族や他人に感染させてしまうことがあります。
  • まずは検査を受けましょう
  • 相談前のセルフチェックはこちら
  • 「みお」におまかせブログ
  • 先生、質問です!
  • Web説明会
  • 無料説明会
  • マンガで分かる!B型肝炎給付金制度
  • LINE公式アカウント LINE公式アカウント
弁護士費用の説明はこちら
LINEで相談 LINEで相談