強みとスタンス
「みお」に相談するメリット

強みスタンス

私たちは制度施行当初から被害者救済に取り組み、実績を重ねる中で、安心してお任せいただける独自の解決ノウハウとサポート体制を実現しています。

10年前は請求できなかった方でも、
今は請求できることもあります。

みお総合法律事務所は、制度が施行された平成24年から被害者救済に取り組んでおり、20,000名を超える皆さまからのご相談を通して、B型肝炎給付金請求の手続きへの理解と解決力を蓄積してきました。給付金を請求するに当たって、国(厚生労働省)が求める資料を完璧に用意できる人はわずかしかいらっしゃいません。しかし私たちは、被害者の方に安心してお任せいただける独自の解決ノウハウとサポート体制で、多くの方の受給を実現しています。

みおはマニュアル的な対応に終始せずに、お⼀⼈おひとりの状況にあわせてサポート
給付対象者
  • 国が提⽰する原則に
    則っている⼈
  • 原則に則らない
    対応が必要な方
    この方も救済可能

「マニュアル化」すると、原則論でしかできなくなる。
だから、「みお」はマニュアル化していません。

「給付金請求の相談に応じます」とうたっている法律事務所の中には、事務所独自のマニュアルを作成し、マニュアルに照らし合わせて対応した結果、無理ですと断る所があります。しかし私達は、マニュアル通りの対応では救えるはずの方が救えない場合があることを、豊富な経験から学んでいます。だからマニュアル化はせず、お一人おひとりのお話しをていねいにうかがいながら、解決の方法を探ります。その結果、他事務所で断られたり、無理だろうと諦めかけていた多くの方が、適正な給付金を受け取っておられます。

みおだから対応できる方の⼀例
  • 3次感染の方
  • 外国籍の方
  • ワクチンが効かない平成⽣まれの方
  • 医療記録や検査結果が残っていない方
  • 海外にお住まいの方

肝臓がんは進行が速いことが多く一刻も無駄にできないから。
手続きがスムーズに進むよう、準備は特に念入りに行います。

自覚症状がないまま、B型肝炎が末期の肝臓がんにまで進行していた、という事例は珍しくありません。時間がない重症の方の手続きをお引き受けしたときは、少しでも早く給付金を受け取っていただくために、提訴後の修正要請や確認などで余計な時間がかからないよう、ご相談者やご家族に詳しくお話しを伺って証拠固めをしたり、解決までの時間短縮をお願いする上申書を国に提出するなど、最善を尽くしています。

B型肝炎訴訟をきっかけに、医療訴訟に発展した方もおられました。

訴訟の証拠資料として、過去のカルテの写しを取り寄せて精査していたときのことです。B型肝炎ウイルスに関する必要な検査を省略して、薬物治療を行っていた事実がわかりました。そこで給付金請求とは別に、医療機関に対して訴訟を提起することをお勧めし、和解金を得ることができました。
私たちはB型肝炎について豊富な知見を蓄積し、定期的な勉強会の開催などを通じて医学的知識のさらなる研鑽に努めているため、このような医学的発見をすることがあります。だからこそ、例えば支給額が50万円の「無症候性キャリア」と診断された方なら、医師の診断を鵜呑みにせず、1,250万円が支給される「慢性B型肝炎」を発症されていないか、一から精査させていただきますし、難しいと思われる事例でも諦めず解決の糸口を探すことができるのです。

みお綜合法律事務所は、「委任契約」は最後にお願いしています。

正式なご契約は、必要な資料が全て揃い、給付金支給の可能性が見えた段階で行っています。準備を始めたからといってご契約を求めることはありません。なお、ご質問は何度でも無料です。ご相談をいただいた段階で弁護士を中心に担当チームを作り、最後までフォローさせていただきます。
但し、カルテや戸籍の収集などのサポートが必要になった場合は、個人情報取扱の関係から、委任(契約)させていただくことになります。

ご依頼者の今後の治療費・⽣活費になる給付金を増やすため 弁護士費⽤は抑えています。

みおは独自のノウハウで手間がかからないようにした分だけ、他の事務所より安くできる

「みお」は圧倒的低価格と安心のサポート体制で和解を目指します

弁護士法人みおにお任せいただくと、結果は同じでも
300万円以上も受取額が変わります

給付金最大3,600万円の場合 お受取金額3,427万2,000円

なんでこんなに差が出るの?

費用がずいぶん違うのはなぜ?
以前は、弁護士費用はどの法律事務所もほぼ同レベルでしたが、大手が参入するようになり、例えば当事務所の3倍前後の費用設定をするところも出てきました。
「みお」が“安い”理由は?
制度が施行された直後から取り組んでおり、被害者救済への思いが強いからです。給付金=将来の生活費と考え、被害者の方に少しでも多く受け取っていただけるように、弁護士費用を設定しています。

日本全国・海外在住の方のご依頼を受け付けています。

事務所にお越しいただかなくても、どこからでも、ご相談や手続きを承っています。ご相談・お問い合せ・資料請求などは、電話、LINE、チャット、メールでお気軽にどうぞ。オンラインでの弁護士との面談も可能です。
B型肝炎給付金請求の制度をはじめて知ったという方には、「Web説明会」のご視聴をおすすめします。

無症候性キャリアの方にも、手続きを推奨しています。

無症候性キャリアとは、乳幼児期にB型肝炎ウイルスに感染したけれど発症していない方のことです。体内に多くのB型肝炎ウイルスが潜伏している状態なので、現在自覚症状がなく検査数値も正常な方、飲酒をしない方でも、年齢を重ねるうちに、急にB型肝炎を発症し、慢性肝炎、肝硬変、さらには肝がんへと進行する危険性が高まります。
未発症の体調の良いうちに手続きをして、「無症候性キャリア」の支給対象者と認められていれば、万一、B型肝炎や肝硬変、肝がんが発症した場合、必要な手続きを行えば、病状に応じた追加給付金が受けられます。さらに、無料の定期検査や、ご家族への感染予防の費用の支給も受けられます。

追加給付金の手続きもおかませ

症状変化のご連絡をいただければ、「みお」が手続きします。

たとえば、慢性B型肝炎(発症後提訴まで20年未満)で和解給付金1,250万円を受け取った方が、その後病状が進⾏して肝がんを 発症された場合、肝がんの和解給付金3,600万円との差額、3,600万円-1,250万円=2,350万円を追加請求することが可能です。

  • 「みお」におまかせブログ
  • 先生、質問です!
  • Web説明会
  • 無料説明会
  • マンガで分かる!B型肝炎給付金制度
  • LINE公式アカウント LINE公式アカウント
弁護士費用の説明はこちら
LINEで相談 LINEで相談