未発症(無症候性キャリア)の方

未発症の方
(無症候性キャリア)

B型肝炎は、自覚症状がなく検査数値が正常でも、突然発症・重症化することがあります。未発症のうちに手続きをしておくメリットをご紹介します。
※無症候性キャリア:体内に肝炎ウイルスが存在し続けているが、症状が出ていない方のこと

発症していないからいいんじゃないの? 発症してからでいいんじゃないの?
未発症(無症候性キャリア)の方にも、手続きをお勧めする4つの理由

①今は何ともなくても、突然、発症する場合があります

乳幼児期に、B型肝炎ウイルス(HBV)に感染すると、90%以上の方が「無症候性キャリア(HBs抗原陽性)」になります。体内に多くのB型肝炎ウイルスが潜伏している状態なので、現在自覚症状がなく、検査数値も正常な方、飲酒をしない方でも、年齢を重ねるうちに、急に肝炎を発症し、慢性肝炎、肝硬変、さらには肝がんへと進行する危険性が高まります。

②最大600万円の給付金がもらえます

「無症候性キャリア」の方への給付額は、感染後20年以上経過の方・・・50万円感染後20年未満の方・・・600万円です。

③ご家族への感染予防費も支給されます

高齢化するにつれて発症や重症化のリスクも高まるため、「無症候性キャリア」で、感染後20年以上経過された(給付額50万円)方には、検査費用の援助があります。また、ご家族へのB型肝炎ウイルス感染予防のための医療費も支給されます。

  • 慢性肝炎等の発症を確認するための定期検査費
  • 母子感染防止のための医療費
  • 世帯内感染防止のための医療費
  • 定期検査手当

④発症すれば、追加給付金を請求できます

既に「無症候性キャリア」の給付金対象者と認められていれば、万一、B型肝炎や肝硬変、肝がんが発症した場合、必要な手続きを行えば、病状に応じた追加給付金が受けられます。未発症の体調の良いうちに手続きをしておけば、後々安心です。

無症候性キャリアの方へ弁護士からのメッセージ
「面倒でも、将来のために」

さらにこんな理由も

手続きが遅くなればなるほど、請求に必要な資料の収集が難しくなります。

母子手帳、予防接種台帳、カルテなどの破棄や散逸の可能性が高まります。

請求には期限があります。

現在、2027年3月31日までの手続きが必要とされています。
さらに、発症後、提訴までに20年が経過すると、支給額が1/4になることもあります。

給付金はいくらもらえるの?

病状に準じた給付金(ご遺族には生前の病状に応じた給付金)が国から支給されます

  • まずは検査を受けましょう
  • 相談前のセルフチェックはこちら
  • 「みお」におまかせブログ
  • 先生、質問です!
  • Web説明会
  • 無料説明会
  • マンガで分かる!B型肝炎給付金制度
  • LINE公式アカウント LINE公式アカウント
弁護士費用の説明はこちら
LINEで相談 LINEで相談