給付金制度について
B型肝炎給付金制度の

支給対象になる方は

40万人

昭和16年7月2日以降の生まれで、B型肝炎ウイルスに感染していると診断された方は、B型肝炎給付金の支給対象者になる可能性があります。国の調査で、支給対象者は40万人以上いらっしゃると推計されています。

私は支給対象者?

B型肝炎ウイルスの感染原因が

幼少期の集団予防接種等の方 または 一時感染者であるお母さまからの母子感染の方

※1986年以降は母子感染防止対策がとられ、母子感染の心配はほとんどなくなっています。

一次感染者用
チェックチャート

4つのチェックポイントを全てクリアしていれば、特別な事情がない限り、あなたは対象者です。
一次感染者用チェックチャート

【資料1】ご本人の血液検査を照会するための資料です。詳しくは、請求に必要な書類ページをご確認ください。
【資料2】母子感染でないことを証明するための資料です。詳しくは、請求に必要な書類ページをご確認ください。
※どこの医療機関に行けばいいかわからない方は、当事務所が調査した検査に対応可能な21府県の医療機関一覧ページを参考になさってください。

さらにこんな方も

  • ◎お父様やお祖母様がB型肝炎ウイルスに感染している場合、二次感染者・三次感染者として、年齢や予防接種経験の有無に関係なく、支給対象者である可能性があります。
  • ◎本人が亡くなっている場合は、相続人の方が対象者になります。

二次感染者用チェックチャート

母子感染の証明
母子感染の証明
必要書類を集めるお手伝いをします

母子感染を理由に給付手続きを進める場合、ご自身の分に加えて、お母様が一次感染者である証拠も必要です。 「みお」はきめ細かくフォローしながら、書類収集のお手伝いをさせていただきます。

父子感染の証明
父子感染の証明
まだ、あきらめないでください!
二次・三次感染者と認められる可能性があります。

お母様やお父様、お祖母様が給付金対象者であったり、B型肝炎ウイルスに感染している場合、二次感染者・三次感染者として、年齢や予防接種の有無に関係なく、給付金請求の手続きができる可能性があります。
経験と医学的知識が豊富な「みお綜合法律事務所」なら、あなたと、お母様やお父様、お祖母様との感染経路を証明できる可能性がありますので、ぜひ一度ご相談ください。

肝炎ウイルスの検査を受けたことが無い方へ

自覚症状がなくても感染していることがあります

職場やお住まいの市区町村の検診の他、保健所でも低額(自治体によっては無料)で検査が受けられますので、ぜひ受けておきましょう。

肝炎の検査についてのパンフレット(厚生労働省作成)が、厚生労働省ホームページからダウンロードできます。

  • 「みお」におまかせブログ
  • 先生、質問です!
  • Web説明会
  • 無料説明会
  • マンガで分かる!B型肝炎給付金制度
  • LINE公式アカウント LINE公式アカウント
弁護士費用の説明はこちら
LINEで相談 LINEで相談