海外にお住まいの方
海外在住の方へ

海外お住まいの方でも
給付金請求
手続きができます

ご相談から給付金受け取りまで、オンラインや電話でのやり取りで、しっかりサポートします。


海外在住者の実績

国内のご家族様と連携して証拠収集や手続きをしました

◎アメリカ在住の息子さんの、カルテなどの医療記録の収集を、日本にいらっしゃるお母様が窓口になる形で協力していただきました。発症後および直近の医療記録については、アメリカの病院で治療を受けておられたため、そこのカルテの写しを提出し、無事給付金が支給されました。カルテは全ページの日本語訳が必要でした。

◎フランス在住の方のご依頼もありました。持続感染時は日本の医療機関でカルテがあり、母子手帳をお持ちだったので、接種痕の意見書は不要でした。発症後はフランスの医療機関で治療を受けておられましたが、フランスの医療機関にはカルテの写しを交付するシステムがなく、ご本人が交渉して証明書類を入手し、翻訳業者に翻訳を依頼。日本の資料収集には、日本在住のお母様が積極的に動いてくださいました。

国内在住のご家族や親戚と連携
  • 海外在住の
    ご依頼者
  • 国内の協力者
  • みお綜合
    法律事務所

海外在住の方で問題になるのは、まず医療記録の収集です。国から求められている資料のうち、医療記録(持続感染判明から1年分、発症から1年分、直近1年分)について、海外の医療機関を受診されている場合には、海外の医療機関のカルテが必要になりますが、証拠として提出するためには全ページの日本語訳が必要です。大量の医療記録がある場合、全ページの翻訳を頼むとなると相当な費用が掛かりますので、必要な部分をピックアップする作業なども必要になります。国内で収集する資料については、国内在住のご家族のご協力がいただけるととても助かります。

弁護士費⽤

海外の方も、弁護士費用は同じです

特別な料金設定はしておりません。海外からのご相談やご質問も、メールなどで何度でも無料で承っております。

弁護士法人みおにお任せいただくと、結果は同じでも
300万円以上も受取額が変わります

給付金最大3,600万円の場合 お受取金額3,427万2,000円

なんでこんなに差が出るの?

費用がずいぶん違うのはなぜ?
以前は、弁護士費用はどの法律事務所もほぼ同レベルでしたが、大手が参入するようになり、例えば当事務所の3倍前後の費用設定をするところも出てきました。
「みお」が“安い”理由は?
制度が施行された直後から取り組んでおり、被害者救済への思いが強いからです。給付金=将来の生活費と考え、被害者の方に少しでも多く受け取っていただけるように、弁護士費用を設定しています。

Web説明会のご案内

まずは制度のことを知ってください

説明会そのままの弁護士による解説を、パソコンやスマートホンなどでご視聴いただけます。
制度の背景と仕組み、給付の可能性や請求方法、医学的知識に基づいた「みお」ならではのきめ細かなフォローなどを、約2,500件の請求実績に基づいて、スライドを交えながら具体的にわかりやすく解説しています。
詳しくは下をクリックしてください。ご視聴は無料です。

オンライン面談

「みお」は、B型肝炎給付金請求など、直接お目にかからなくても十分ご相談いただけると判断した分野で、オンラインでのご相談も承っています。ご来所いただきにくい、海外など遠方にお住まいの方には特におすすめの方法だと思います。詳しいことは、当事務所にお問い合せください。コロナ禍で外出に不安を感じておられる方もぜひどうぞ。

よくあるご質問

海外在住中ですが、国との裁判に出るために、帰国する必要がありますか?
判は弁護士が代理人になって対応しますので、ご依頼者が出廷する必要はありません。これは国内にお住まいの方の場合も同じです。
国内在住の身内がいないと依頼できませんか?
そういうことはありませんが、原則として個人情報に関わる資料集めはご本人にお願いしていますので、可能であれば、国内在住のご家族や親戚に協力をお願いできればと思います。
  • 「みお」におまかせブログ
  • 先生、質問です!
  • Web説明会
  • 無料説明会
  • マンガで分かる!B型肝炎給付金制度
  • LINE公式アカウント LINE公式アカウント
弁護士費用の説明はこちら
LINEで相談 LINEで相談