HBs抗原陰性での肝がんの認定について

今日は嬉しい和解のお知らせです。 若いころに献血でB型肝炎キャリアを指摘されていたものの特に治療をせず放置していたところ、10数年前に肝がん(HCC)を発症。発症時にはHBs抗原陰

続きを読む ››

母子感染でないことの証明について

一次感染者は、幼少期の集団予防接種で感染したと認められる方ですが、何十年も前の集団予防接種で感染したことを直接証明することは、不可能です。 そこで、集団予防接種以外の感染原因が見当

続きを読む ››

裁判中に亡くなった場合

B型肝炎給付金の裁判手続き中に、ご本人が亡くなるというケースも残念ながらこれまでにたくさん経験してきました。ご存命中に救済をという願いを国に訴えて優先して審査をしてもらえて間に合っ

続きを読む ››

除斥期間の起算点について

B型肝炎給付金について、給付金の額が大きく変わるのが「除斥期間」の問題です。起算点から20年たっているかどうかで、たとえば慢性肝炎の場合1250万円の給付金が150万円になってしま

続きを読む ››

母子感染の否定が困難な例もチャレンジ

一次感染者として認められるためには、「母子感染ではないこと」の証明が必要となります。基本合意によれば、 ①母親のHBs抗原陰性かつHBc抗体陰性(又は低力価陽性)の検査結果 ②母親

続きを読む ››

対象かどうかのチェックポイント(その2)

私は対象になるでしょうか?というご質問に対するチェックポイントをご説明します。 対象かどうかのチェックポイント(その1)の続きです ・「過去にB型肝炎に感染していた形跡があります」

続きを読む ››