感染経路に心当たりがない方

感染経路
に心当たりがない方

母子感染でなければ、集団予防接種が原因の可能性が高いです。まずは、お母様や年長のごきょうだいが感染していないか確認してみましょう。

あなたは支給対象者かもしれません

身に覚えがないのにB型肝炎ウイルス(HBV)に感染していると言われた、お酒を飲まないのに肝炎になった、など、なぜだろうと不思議に思っておられる方は、幼少期の集団予防接種等か、ご両親のどちらかから、感染された可能性があります。

支給対象者の感染経路

  • ① 昭和16年7月2日~昭和63年1月27日生まれの方なら、7歳までの集団予防接種等で感染 (一次感染)
  • ② 一次感染した両親のいずれかからの感染(二次感染)
  • ③ 一次感染した母から二次感染した両親のいずれかからの感染(三次感染)

まずはジェノタイプ検査を受けましょう

ジェノタイプ検査は、B型肝炎ウイルス(HBV)への感染時期を確認する血液検査です。検査の結果、あなたが感染しているHBVがジェノタイプAe型でなければ、大人になってからの感染ではなく、幼少期からの持続感染※だと確認できます。ジェノタイプAe型のHBVは、1996年以降に日本での感染が確認されており、大人になってから感染しても慢性化する例が多く見られるためです。
※持続感染:幼少期にB型肝炎ウイルス(HBV)に感染し、6ヵ月以上HBVが血液中に存在している状態。持続感染している方はHBVキャリアとも呼ばれ、10~15%の方は慢性肝炎を発症するといわれています。

ジェノタイプ検査で幼少期からの持続感染と確認できれば、あなたは一次または二次または三次感染者として、給付金を受け取る可能性があります。

「みお」にご相談ください

B型肝炎ウイルスへの持続感染がわかれば、みお綜合法律事務所にご相談ください。あなたのB型肝炎ウイルスの感染経路を証明し、給付金を受け取っていただけるかもしれません。
ご両親とあなたに必要な検査や、証拠資料の集め方などを、詳しくご説明いたします。

よくあるご質問

B型肝炎ウイルスの検査はどこで受けたらいいですか?
HBs抗原およびHBc抗体の血液検査を受けていただくことになりますが、これらの検査は、ほとんどの医療機関で受けることができます。一般的には、医療保険が適用となりますが、症状が全くないなど、自由診療となる場合もあります。詳しくは、検査を希望される医療機関に直接お問い合わせください。
B型肝炎ウイルスの感染がわからない状態で説明会に参加できますか?
感染がわからない方に関しては、説明会への参加はお断りしています。まずは、医療機関等で検査(HBs抗原およびHBc抗体の血液検査)を受けられることをお勧めします。
  • まずは検査を受けましょう
  • 相談前のセルフチェックはこちら
  • 「みお」におまかせブログ
  • 先生、質問です!
  • Web説明会
  • 無料説明会
  • マンガで分かる!B型肝炎給付金制度
  • LINE公式アカウント LINE公式アカウント
弁護士費用の説明はこちら
LINEで相談 LINEで相談