状況別解決方法
状況
04

ネットで調べたが
自分はムリそうだ

簡単にあきらめないで!相談実績20,000件を超す「みお」が、納得いくまでご説明します。電話・LINEでの無料相談もご利用ください。

B型肝炎給付金請求の制度をおさらいしてみましょう

過去の集団予防接種などでB型肝炎ウイルスに持続感染した方が、B型肝炎特別措置法に基づき、給付金を国に請求できる制度です。請求にあたっては、必要な資料を揃えて国との間で裁判を行い、和解が成立すれば、給付金が支給されます。

支給対象者の条件

ご自身が下記①②③に該当する、または、お母さんが下記①②③に該当し、ご自身が下記①に該当していること。

  • ①B型肝炎ウイルスに感染している。
  • ②昭和16年7月2日~昭和63年1月27日生まれ。
  • ③満7歳までに集団予防接種を受けた。
    (母子手帳またはBCGなどの予防接種痕がある)

必要な資料

B型肝炎給付金請求の手続きをするのに必要な資料は、
・医療機関の診断書・満7歳までに集団予防接種を受けた証拠・母子感染ではないことの証拠、など
です。

詳しくはこちらで

どんなところでムリだと思われましたか?

「みお」は20,000件を超えるご相談にお応えする中で、様々な医学的知識やノウハウを蓄積して来ました。ムリだとあきらめる前に、ぜひ「みお」にご相談ください。

厚生労働省の「B型肝炎訴訟の手引き」を読んだがよくわからなかった。

「みお」がサポートします!

「みお」の弁護士がわかりやすく解説する、B型肝炎給付金請求のWeb説明会を無料で視聴いただけます。

 
詳しくはこちらで

この他、各地で実施中の弁護士による無料説明会もご利用ください。

弁護士費用がかかりそうなので。

「みお」がサポートします!

「みお」なら着手金は無料。訴訟にかかる弁護士費用は、給付金が下りてからの成功報酬制(実質約4.8%(税込))ですから、最初に大きな費用負担なしですぐ手続きを始められます。

母子手帳が残っていないので。

「みお」がサポートします!

数十年も前の母子健康手帳を保管している方は少なく、市町村の予防接種台帳も古い時代のものはほとんど残っていません。「みお」は多数のこのケースを解決してきました。安心してご相談ください。

病院閉鎖でカルテの提出が不可能なので。

「みお」がサポートします!

法律事務所によっては「カルテの無い方はお断り」と門前払いされる場合もあるようです。しかし「みお」の弁護士には、例えば検査結果表などに、立証を裏付けるだけの医学的知見に基づく上申書を添えて代替資料とするなど、手引書の条件を満たさない状態でも、柔軟に対応できる知識と経験があります。あきらめずにお任せください。

亡母・年長きょうだいの医療記録がみつからないので。

「みお」がサポートします!

支給対象者の条件である、一次感染者として認められるためには、母子感染ではないことの証明が必要ですが、状況をお聞きした上で、「みお」の専任チームが過去の検査結果の入手をサポートして、解決した実績があります。

本人がだいぶ前に亡くなっていて様々な書類が集められるとは思えないので。

「みお」がサポートします!

過去の資料を揃えるのは、本人が死亡していればさらに困難です。しかし、可能な限り入手できる資料を集め、医学的知見に基づいて総合的に立証するチャンスはあります。あきらめずにご相談ください。

実績のある「みお」にご相談ください

インターネットで調べてだめそうだと思ったり、他事務所にできないと言われても、本当にそうなのか、「みお」にお確かめください。私達は、多くの解決実績から、簡単にあきらめてはいけないことを実感しています。だから、お気軽に疑問を解決していただくために、何度でも無料の、電話相談やLINE相談をはじめ、Web説明会、無料説明会をご用意しているのです。 「みお」では、B型肝炎給付金請求の手続に必要な書類収集方法がわかる「請求サポートセット」も進呈中です。

あなたの状況にもっとも近いのは?

相談した法律事務所に断られた
末期がん(肝がん)で時間がない
B型肝炎の症状が悪化した
ネットで調べたが自分は無理そうだ
医師に取り合ってもらえなかった
本人が亡くなってカルテが残っていない(ご遺族の方)
海外に住んでいて手続きができない
  • まずは検査を受けましょう
  • 相談前のセルフチェックはこちら
  • 「みお」におまかせブログ
  • 先生、質問です!
  • Web説明会
  • 無料説明会
  • マンガで分かる!B型肝炎給付金制度
  • LINE公式アカウント LINE公式アカウント
弁護士費用の説明はこちら
LINEで相談 LINEで相談