昨日の和解状況

しばらく、和解状況をアップできておらず、申し訳ございません。

この間、月に3回程度のペースで、各期日に和解が続々とできておりますのでどうかご安心ください。

昨日の期日(6/26)の和解分についてご報告します。

 

1 申立日H30.8.16 肝がん 3600万円 男性

2 申立日H30.8.28 慢性肝炎 150万円 男性

3 申立日H30.8.28 慢性肝炎 1250万円 男性

4 申立日H29.8.3 無症候性キャリア 50万円 男性

5 申立日H29.8.9 無症候性キャリア 50万円 男性

6 申立日H30.1.16 慢性肝炎 1250万円 男性

7 申立日H28.9.20 慢性肝炎 1250万円 女性

8 申立日H29.5.9 肝がん 3600万円 男性

 

最速は昨年8月に申立てをした3件(上記1、2、3)です。幸い追加指示なしで和解ができたのですが、同時期に申立をしている他の20件ほどについては、追加指示の連絡もなく、和解の連絡もありません。審査を担当する国の担当者の処理のスピードに差があるようです。

追加指示があるとそれに対応してから和解まで約9か月。ささいなことでも追加の指示をされることもあります。当事務所では、これまでの傾向から、最初からできる限り先回りして準備をしていますが、余りにもそれをやりすぎると、ご依頼者の方に余分な資料の収集をお願いすることになり負担となるのでこのあたりのバランスが難しいところです。追加指示を待ってそれに対応する方が時間は少しかかりますが労力は最小限で済みます。

 

肝がんで治療中など早期の救済が必要な方については、迅速処理のお願いを国及び裁判所にして、一定の配慮をしてもらえるようにしております。残念ながら、手続き中に死亡される方も少なからずいらっしゃり、痛恨の極みです。その場合は、法定相続人が手続きを承継することになります。(弁護士澤田有紀)

 

★これまでの和解状況の報告ブログは以下をご参照ください。

2019年3月4日付

2019年1月23日付

 

★当事務所では、代表弁護士の澤田有紀と伊藤勝彦が、責任をもって、B型肝炎給付金請求を取り扱っております。事務所にお越しになれない方でも電話やメールなどでやりとりをしながら、資料収集をご案内しますのでご安心くださいませ。

 

お問い合わせは

フリーダイヤル 0120-7867-30 まで

平日9時から18時まで受け付け中。

WEBから相談フォームもご用意しております。