きのうの和解成立分のご報告

提訴からどれくらいの期間で和解ができるのかについてのご報告シリーズです。

国の審査も少し流れがよくなってきたようで,追加資料の要求がないものについては,最短提訴後11か月で和解ができるようになりました。

 

できるだけ追加資料の要求がないように,一発で和解をしたいのですが,国の担当者によっては,「そんなこと別に関係ないやん」とつっこみたくなるようなことまで,説明の書類の追加を要求されることもあります。追加資料を提出すると,その書類を見るまでさらに半年程度かかってしまいます。

 

もちろん,立証が難しい案件もありますので,粘り強く交渉を重ねる必要がある場合もあり,その場合は2年以上かかっています。

 

一方,立証は実質的に足りているのに何度も追加を要求され,長引く要因となっているのは「カルテの追加提出」です。

 

11の死亡事案の時間がかかったのは,立証が難しかったというよりも,患者様の病歴が長かったので,国から古いカルテが残っているかどうかなど2度,追加調査を要求されたことによります。

 

10のキャリアの方も,給付金請求のための検査や接種痕の意見書を1か所ではなく,別々の医療機関に依頼されたため,そのすべてのカルテの提出を求められました。依頼者のかたにとっては,初めて受診した医療機関に訴訟のための検査や接種痕の意見書の作成を頼むだけでも負担なのに,カルテまでくださいというのはとてもハードルの高いことです。カルテを取り寄せたところで得られる情報はほとんどないのに・・・と思ってしまいます。依頼者の陳述書で代用させてほしいと切に願います。(弁護士 澤田有紀)

 

【病態・給付金額】     【提訴日】   【解決までの期間】

1 慢性肝炎 1250万円   平成30年1月    和解まで1年

2 慢性肝炎(除斥)150万円  平成30年2月    和解まで11か月

3 キャリア 50万円      平成30年2月    和解まで11か月

4 肝がん 3600万円     平成30年1月    和解まで1年

5 慢性肝炎(除斥)150万円 平成30年3月    和解まで10か月

6 慢性肝炎 1250万円    平成28年10月    和解まで2年3か月

7 慢性肝炎 1250万円   平成28年10月     和解まで2年3か月

8 慢性肝炎(除斥)300万円 平成28年10月    和解まで2年3か月

9 キャリア 50万円     平成29年12月     和解まで1年1か月

10 キャリア 50万円      平成28年6月   和解まで2年7か月

11  死亡  3600万円   平成28年4月    和解まで2年9か月

 

 

平成30年9月の和解分の記事はこちら

平成30年8月の和解分の記事はこちら

平成30年7月の和解分の記事はこちら

 

 

お問い合わせはフリーダイヤル または,右のバナーをクリックしてWEBにてご相談くださいませ。

0120-7867-30(なやむな みお)