本日の和解成立

裁判所の夏季休廷明けで,本日は,たくさん和解が成立しました。国の審査の遅さも若干改善傾向で,追加資料提出指示なしで和解できた最速は,平成29年11月申立の慢性肝炎と無症候性キャリアの2名です。提訴から約9か月での解決となりました。

できるだけ追加資料の指示がないよう,最初から書類を揃えて提出していますが,国の担当者によっては,些細なことでも追加資料の提出を求められることもあります。それでも追加資料なしで,和解できる割合も上がってきましたし,国の審査もスピードアップしてきましたので何とか1年以内に和解できたのが今回は16件中5件になりました。また,二次感染者と一次感染者を同時に申立すると,二次感染者の和解が遅くなる傾向があります。かといって,一次感染者の和解が認められてから二次感染者の申し立てをすると更に遅くなってしまいますので,当事務所では,一次感染者と二次感染者(複数のこどもたちの場合もあり)はセットで申し立てをするようにしています。

 

他の事務所に依頼して手続き中の方から,ときどきお問い合わせをいただきます。「提訴してからもう3年もなるのにまだ和解できないけど,そんなことありますか?」というようなお問い合わせです。何度か追加資料のやり取りを重ねると,あり得る話ですので,「そういうこともあると思います」というお答えしかできません。ちなみに,当事務所でも,平成27年5月申立でまだ和解できていない件があります。

申立日がバラバラなのは,当事務所では,集団提訴ではなく,個別案件として裁判所に書類を提出しているからです。記録の閲覧などにより,マスコミや他の方に情報が漏れる心配はありませんので,ご安心ください。                   (弁護士澤田有紀)

 

病態区分 給付金額 申立日
1 無症候性キャリア 50万円 H29.10.31
2 慢性肝炎 1250万円 H29.11.8
3 無症候性キャリア 50万円 H29.5.23
4 無症候性キャリア 50万円 H28.5.24
5 慢性肝炎 1250万円 H28.5.26
6 肝硬変(軽度) 2500万円 H28.3.10
7 慢性肝炎 1250万円 H28.4.14
8 慢性肝炎 1250万円 H28.7.25
9 無症候性キャリア 50万円 H29.7.31
10 肝がん 3600万円 H28.3.11
11 肝がん 3600万円 H28.8.26
12 慢性肝炎 1250万円 H28.8.31
13 肝がん 3600万円 H28.7.14
14 肝硬変(軽度) 2500万円 H29.9.13
15 無症候性キャリア 50万円 H29.11.21
16 慢性肝炎 1250万円 H29.11.22