本日の和解

本日平成30年7月25日,大阪の裁判所で和解が成立した案件は以下の通りです。

病態区分          申立日

1 無症候性キャリア     平成28年12月6日

2 慢性肝炎(1250万円)  平成28年4月6日

3 無症候性キャリア     平成28年4月8日

4 慢性肝炎(1250万円)  平成28年7月19日

5 慢性肝炎(1250万円)  平成28年2月23日

 

以上の通り,最速でも平成28年12月申し立て分で提訴後なんと1年8か月。その他,2年以上かかっているのが3件です。

追加指示がくるまでに約1年,追加指示に対応してからでも約1年。できるだけ追加指示がないように先回りして書類を提出していますが,担当者によっては,本当に些細なことについて追加で確認を求められることもあり,時間がかかるのは,どうしようもありません。

 

依頼者の方には申し訳ないのですが,国の体制がこんな感じですので,どうかお待ちいただきますようお願いします。

肝がんが進行して余命宣告をされている患者さんもいらっしゃいます。そういうケースでは,迅速に処理をお願いして,少し早くしてもらったこともあります。

 

手続きをお考えのみなさまは,どうか早めのご準備をお勧めいたします。

(弁護士 澤田有紀)