先週末の和解のご報告

年度末ということで,国の審査も若干前倒しになり,和解のペースが早くなってまいりました。厚生労働省もいろいろと大変だと思いますが,このままの体制をぜひ維持していただきたいです。

先週の金曜日に和解した件の申立日と病態は以下の通りです。 順不同になってます。

最速は,平成30年6月中旬に提訴した件(2件)で和解まで8か月半。もっとも遅かったのは,平成28年11月に提訴した件で2年3か月余り。

 

追加資料の提出がない場合が8か月半になりました。去年は1年半程度かかっていたことからすると,かなり改善されました。

 

肝がんや肝炎を発症されている方は,治療費が高額になったり,就労が制限されることから生活費に困窮される方もいらっしゃいます。

 

当事務所では,緊急性の高い案件については,特に提訴まで超特急で準備をするとともに,国にも精一杯早くしてもらえるようお願いしております。

今回も去年6月14日に提訴した肝がんの方の早期和解が認められよかったと思います。

 

1)キャリア H30.2.9

2)慢性肝炎 H30.2.9

3)キャリア H30.2.9

4)キャリア H30.5.16

5)キャリア H30.5.22

6)キャリア H29.6.5

7)キャリア H30.6.13

8)肝がん H30.6.14

9)キャリア H29.3.28

10)肝がん H29.3.28

11)肝がん H29.3.30

12)肝がん H29.3.30

13)慢性肝炎 H29.3.31

14)キャリア H28.11.18

15)キャリア H29.5.9

16)キャリア H29.6.19

 

B型肝炎給付金の請求については,当事務所の代表である弁護士澤田有紀と弁護士伊藤勝彦が責任をもって対応いたしますので,安心してお申込みいただければと思います(弁護士澤田有紀)