最近の和解状況

久しぶりの更新となり、申し訳ありません。

最短で提訴後11か月で和解(追加資料提出がない場合)。追加資料提出後約10か月から1年弱、というところです。

★11月8日に和解した分について、ご報告いたします。

【区分】   【給付金額】  【申立日】

1 無症候性キャリア 50万円 H30.12.17  追加資料資料提出なし

2 慢性肝炎 1250万円 H30.12.18 追加資料提出なし

3 無症候性キャリア 50万円 H30.12.21 追加資料資料提出なし

4 無症候性キャリア 50万円 H29.12.6 追加資料提出 H31.2.14

5 無症候性キャリア 50万円 H29.12.12 追加資料提出 H31.2.15

6 慢性肝炎 1250万円 H29.9.28 追加資料提出 H31.2.21

7 慢性肝炎 1250万円 H30.7.3 追加資料提出 H31.2.27

8 無症候性キャリア 50万円 H29.6.12 追加資料提出H30.10.2、H31.2.27

 

★10月23日和解分について、ご報告いたします

1 慢性肝炎(二次感染) 1250万円 H29.9.21 追加資料提出H30.11.2

2 慢性肝炎 1250万円 H29.9.22 追加資料提出H30.11.22

3 慢性肝炎 150万円 H30.12.4 追加資料提出なし

4 肝硬変重度 3600万円 H30.12.4 追加資料提出なし

5 慢性肝炎 1250万円 H28.12.7 追加資料提出 H30.3.12、H31.2.8

6 死亡 3600万円 H30.2.28 追加資料提出 H31.1.23

7 無症候性キャリア 50万円 H30.3.2 追加資料提出 H31.2.15

8 慢性肝炎 1250万円 H29.12.23 追加資料提出 H31.2.4

9 慢性肝炎 1250万円 H30.12.7 追加資料提出なし

10 無症候性キャリア 50万円 H29.11.15 追加資料提出 H31.2.15

11 無症候性キャリア 50万円 H29.11.6 追加資料提出 H30.12.7

12 無症候性キャリア 50万円 H29.10.26 追加資料提出 H30.11.26

13 肝がん 3600万円 H29.8.12 追加資料提出 H30.12.21

14 慢性肝炎 1250万円 H29.11.7 追加資料提出 H30.12.11

15 肝がん 3600万円 H29.11.7  提訴後死亡されたため相続人が受継

 

追加資料については、できるだけ最初から指摘を受けそうな点については資料をそろえて提出しているのですが、担当者の裁量により、思わぬところで指摘を受けることも多く、もやもやした気持ちになります。

 

どの事務所に依頼しても結果は同じですか?というご質問を受けることもあるのですが、YESかNOで答えにくい質問です。給付金の額などの結果は同じになる場合は多いと思いますが、それに至る過程は結構違うと思います。

 

すなわち、いらない証拠を出したことにより、無駄に追加資料の提出を重ねることになったり、そういうことも違うと思いますし、これまでどれだけの例に接してきたのかという経験値は、単に事務所全体の相談件数の数の多さだけでは測れないと思います、すなわち、流れ作業的に大勢のスタッフで処理しているところと、私の事務所のように、責任者がすべてに目を通して判断しているところでは、経験値のたまり方が違うはずです。

 

みお綜合法律事務所では、ブログを担当している法人の代表弁護士澤田有紀と同じく代表弁護士伊藤勝彦が責任をもって対応にあたります。(弁護士澤田有紀)