B型肝炎訴訟に関するお知らせ
B型肝炎給付金請求ナビ
ご相談、着手金は無料! 最初に大きな費用負担なしで手続きを始められます。着手金 0円、成功報酬 実質 4%

「みお」におまかせブログ

献血でHBc抗体が陽性といわれた場合

献血すると安全性確認のために各種ウイルス検査が行われ,その検査方法も検査技術の進歩とともに変更されています。

平成24年8月から献血血液の検査基準が変更されています。

日本赤十字社のHPには以下の記載があります。

「B型肝炎ウイルス(HBV)につきましては、一般的に感染したことに気づかないまま治ることが多く、治った後は日常生活に問題となることはありません。

しかし近年、その人自身の健康に影響を及ぼすことはないものの、血液中にHBs抗原が検出されない場合(HBs抗原陰性)でも、HBc抗体陽性の人では肝臓の中にごく微量のHBVが存在し続けており、まれに血液中にもごく微量のHBVが検出される場合があることが分かってきました。

日本赤十字社は、患者さんへの万が一の感染を防ぐために、献血血液の検査基準を変更することとし、HBc抗体陽性の方にはこれからの献血をお願いできなくなりました。」

要するに,HBs抗原陰性でもHBc抗体が陽性であれば献血を断られるということになりました。

該当の方には日赤からお知らせが送られているようです。

当事務所の説明会に来られた方から,そのお知らせを見せていただいたことがあるのですが,そこにはHBs抗原陰性,HBc抗体(CLEIA法)陽性と書かれていますが,具体的なHBc抗体(CLEIA法)の数値は記載されていません。

B型肝炎給付金請求の対象者はHBs抗原陰性の場合は,HBc抗体が高力価陽性であることが必要なのですが,このお知らせには,「陽性」と記載があるのみですので,高力価陽性なのか,低力価陽性なのかは判断できません。

そこで,もう一度医療機関に行っていただいて,HBc抗体を検査していただき,CLIA法であれば10以上であれば高力価,10未満であれば低力価ということで,給付金の対象かどうかを判断します。

ここまでは,これまでのブログにも書いていたのですが,この前,ある事実に気づきました。HBc抗体陽性低力価で給付金の対象外であっても,かつて一過性でB型肝炎ウイルスに感染したという事実は推認されます。ご自身は給付金の対象ではなくてもひょっとしたら身内の方でどなたかキャリアの方がいらっしゃるかもしれません。念のため,ご家族やご兄弟の方にキャリアの方がいないか血液検査をお勧めしてみてください。

実際にこれまでに,全く気付かなかったけれども,給付金請求のために,母親や年長のきょうだいに検査をしたもらったら,キャリアだということがわかって,詳しい検査をしてもらったら,病状が進んでいたという例もありました。肝臓は,沈黙の臓器と言われていますので,症状が出るまで気づかないことも多く,早めの受診と経過観察が大切です。

 

B型肝炎給付金請求ナビ | 弁護士法人 みお綜合法律事務所
ご相談事例(ケーススタディ)実際にあった様々なご相談事例をご紹介。
説明会に行けない方や、近くに相談でいる法律事務所がない方へ B型肝炎給付金請求 Web説明会 弁護士がムービーで「B型肝炎給付金制度」をご説明します 弁護士のフォロー付き

給付金請求に関するチェックシートもご用意しました。

一人で悩まず、まずはご相談ください。
電話相談は何度でも無料0120-7867-30(なやむな みお)まで。受付時間 月曜日~土曜日 9時~17時30分※時間外は自動音声となっております。
資料請求、無料説明会のお申込み承っております。