母子感染(二次感染)の疑いがある方へ

母子感染(二次感染)の疑いがある方へ

母子感染でB型肝炎に感染した方は給付金の請求ができます

出産時に母から子へB型肝炎ウイルスが感染することを、母子感染と言います。母がB型肝炎ウイルス給付金の支給対象である一次感染者の場合、母子感染した子は二次感染者になり、給付金を請求する権利が認められています。
お母様が、一次感染者と証明されている場合はもちろん、お母様がB型肝炎ウイルスに感染している、肝臓の病気を患ったり亡くなっている、といった場合も、あなたが母子感染(二次感染)している疑いがあります。まずは、ご自身がB型肝炎ウイルス検査をお受けください。
(昭和61年以降は、母子感染防止の対策がとられるようになり、その心配はほとんどなくなっています。)

母子感染と認められるには?

母子感染と認められ、B型肝炎給付金の請求の手続きができるには―

以下の3つ全てに該当する必要があります。

  • ご自身がB型肝炎ウイルスに持続感染している
  • お母様が一次感染者の要件を全て満たしている
  • お母様から感染した(お母様以外に感染源がない)

※母子感染者のご遺族の方も手続きができます。

給付金額はいくら?

一次感染の場合と同じ金額を支給されます

給付金 最大3,600万円
訴訟等に係る弁護士費用(給付金額の4%相当額)
さらに、特定無症候性持続感染者(無症候性キャリア)の方には、以下4つの費用も支給されます。
  1. ① 慢性肝炎等の発症を確認するための定期検査費
  2. ② 母子感染防止のための医療費
  3. ③ 世帯内感染防止のための医療費
  4. ④ 定期検査手当

母子感染の証明に必要な書類の集め方

お母様とあなたの必要書類を集めるお手伝いをします

ご自身の分に加えて、お母様が一次感染者である証拠も必要ですから、必要書類を集めるのはなかなか大変です。「みお」にご相談いただくと、弁護士や専任スタッフがきめ細かくフォローしながら、書類収集のお手伝いをさせていただきます。入手が不可能な書類については代替資料のアドバイスもいたします。

二次感染を証明する必要書類
  1. 1. お母様が、B型肝炎ウイルスに持続感染していることを証明
  2. 2. お母様が、特定期間に7歳未満で集団予防接種等を受けていることを証明
  3. 3. お母様が、そのお母様から感染したのではないことを証明
  4. 4. お母様に、集団予防接種等以外に感染の原因が無いことを証明
  5. 5. ご自身が、B型肝炎ウイルスに持続感染していることを証明
  6. 6. ご自身が、お母様からB型肝炎ウイルスに感染したことを証明
ご自身がお母様からB型肝炎ウイルスに感染したことの証明方法については,

HBV分子系統解析検査注)で、「感染の因果関係あり」という結果が出た

注)本人と母のB型肝炎ウイルスの塩基配列を比較をする血液検査

または、

母子感染以外に感染原因がみあたらないことを証明することも認められています。

※B型肝炎ウイルスの感染原因としては,母子感染が一番有力だと考えられていますので,
 母子感染以外の感染原因がみあたらないことの証明は難しくはありません。

あなたご自身だけでなく、お母様、ご兄弟、ご家族の為にも、
自分は違うだろう・・・とあきらめないでください。

*国の推計より請求件数が少ないため期間延長されました
厚生労働省ではB型肝炎給付金の給付対象者は約45万人と推定していますが、実際の受給者がまだ1割弱に過ぎないため、請求期限が平成34年まで延長されました。
昭和16年7月2日~昭和63年1月27日生まれで、B型肝炎ウイルスに感染されている方は、自覚症状がなくてもぜひ一度、「みお」の無料相談をご利用ください。あなたやお母様も、45万人の中のおひとりかもしれません。
*ご両親・ご兄弟も合わせて対応できます
お母様とあなたの必要書類が集まれば、親子まとめて訴訟手続きができます。さらに、兄弟姉妹も二次感染者である可能性や、あなたのお子さんが三次感染者である可能性も考えられます(平成26年1月24日から、証拠書類が整えば、母→子→孫の三次感染者も給付対象と認められるようになりました)。
*認定されると将来の費用負担も軽減されます
給付対象者と認められると、現在発症していなくても、一定の支給金と、定期検診の費用が支給されます。さらに、将来発症した場合は、必要な手続きを行えば、症状に応じた追加救済金が受けられます。

ご家族とご自身の為にも、ぜひ一度「みお」にご相談ください。

よくあるご質問

母が亡くなっていても、母子感染でないことを証明することはできますか?
はい。年長の兄姉による血液検査の結果により、1人でもB型肝炎に感染していないことを証明するなどの方法により可能です。
満7歳になるまでに集団予防接種を受けていることの証明資料としての「母子手帳」がありません。 ほかに証明の方法がありますか?
母子手帳も予防接種台帳もお手元にない場合には、市町村に保存されている予防接種台帳や、提出できない理由を書いた陳述書、接種痕があったという医師の意見書など書類を用意し、国と交渉していくことになります。
手続きに必要な資料を、集めてもらうことはできますか?
資料につきましては、個人情報の関係もあり、ご自身で収集いただいております。
診断書や病院のカルテなど必要な資料については、すべて私どもが丁寧にご説明させていただきます。
次に、必要な資料をお客様に集めていただきます。そして、集めた資料をもとに、私どもが精査をして、給付金を請求するための要件を充たしているか、必要書類が揃っているかを検討します。
B型肝炎ウイルスの検査はどこで受けたらいいですか?
HBs抗原およびHBc抗体の血液検査を受けていただくことになりますが、これらの検査は、ほとんどの医療機関で受けることができます。一般的には、医療保険が適用となりますが、症状が全くないなど、自由診療となる場合もあります。詳しくは、検査を希望される医療機関に直接お問い合わせください。
B型肝炎について

まずは、無料説明会へお越しください。

B型肝炎給付金請求  無料説明会

説明会に行けない方や、近くに相談でいる法律事務所がない方へ

説明会に行けない方や、近くに相談でいる法律事務所がない方へ B型肝炎給付金請求 Web説明会 弁護士がムービーで「B型肝炎給付金制度」をご説明します 弁護士のフォロー付き
B型肝炎給付金請求ナビ | 弁護士法人 みお綜合法律事務所
お電話でもご相談・資料請求できます 0120-7867-30 「請求サポートセット」進呈中 B型肝炎給付金請求の手続きに必要な書類収集方法がわかる!

給付金請求に関するチェックシートもご用意しました。