B型肝炎訴訟に関するお知らせ
B型肝炎給付金請求ナビ
ご相談、着手金は無料! 最初に大きな費用負担なしで手続きを始められます。着手金 0円、成功報酬 実質 4%

弁護士事務所の選び方・ポイント

1.親身に話を聞いてくれるか?
問題解決に向けて、依頼者と弁護士との間には、確固たる信頼関係が重要です。
そのため、親身になってじっくり話を聞いてくれる弁護士に依頼しましょう。
2.説明がわかりやすいか?
弁護士が親身になって聞いてくれたとしても、説明が難しく理解できなければ意味がありません。
法律の専門家ではないお客様に対して、お客様の立場に立ち、わかりやすく説明することは、
私ども弁護士にとっても、重要なことです。
どのような方法でどう解決に向かっていくのか、お互い同じ理解のうえで進めていくことこそ、
お客様が望む問題解決につながると考えます。
3.取扱分野や実績はどうか?
一般的な分野であれば、どちらの弁護士事務所でも能力的な差はあまりないと思われます。
しかし、今回の「B型肝炎給付金制度」に関しては、取り組んでいない法律事務所が多く、
国に提出する書類の中には、専門的な書類も含まれるため、高度な医学的知識が求められます。
その点、私ども「みお綜合法律事務所」は、約4年間で2,500名以上もの豊富な相談実績が
ありますので、本制度に精通した弁護士が担当させていただくことが可能です。
4.費用が適正かどうか?
弁護士費用の相場は、一般の方には分かりにくいと思いますが、最近ではホームページ等で調べれば、くわしく載っていたりもしますので、一度いろいろなホームページなどをご覧になってみてください。
また、弁護士に相談に行った際に、費用について、遠慮せず直接聞いてみましょう。ご依頼される際には、相談料や着手金、報酬など、全てを含めたトータルな費用として、適正かどうかをご判断いただきたいと思います。

※「みお」は着手金・相談料は無料です。

5.訴訟をちゃんと進めてくれるか?
B型肝炎訴訟の場合、裁判は形式的なものですが、弁護士は、国に対する訴状をはじめ、専門的内容の書類の作成や、裁判所での様々な交渉、要求される新たな資料の収集などのサポートを行います。裁判のそれぞれの段階で、裁判所の判断に対して強く主張し、迅速に対応して、訴訟をスムーズに進めるように努めないと、思ったような結果が出なかったり、和解までに長い時間を要することがあります。
6.症状を決めつけないか?
B型肝炎の場合、お客様の申告や、カルテに書かれた病名だけで、症状を決めてしまうのは危険です。
肝炎の診断は専門医でないとむずかしく、カルテを精査しなければ的確な判断はできません。お客様の中には、医師に無症候性キャリアと言われていたのに、弁護士が調べてみると、実は慢性肝炎だったという方もいらっしゃいます。「みお綜合法律事務所」の弁護士は、B型肝炎訴訟の豊富な経験と高度な医学的知識を基に、先入観にとらわれず症状を一から見直すことを心がけています。
B型肝炎給付金請求ナビ | 弁護士法人 みお綜合法律事務所
説明会に行けない方や、近くに相談でいる法律事務所がない方へ B型肝炎給付金請求 Web説明会 弁護士がムービーで「B型肝炎給付金制度」をご説明します 弁護士のフォロー付き

受給対象か知りたい!弁護士に相談する前にご自身でチェックしていただけます。