給付金額と弁護士費用

病状によって、給付金は決まります。

給付金について

訴訟により国との和解が成立した方に対して、病状に応じて予め定められた給付金等が支払われます。

  • 死亡・肝ガン・重度肝硬変 給付額3,600万円
  • 軽度肝硬変 給付額2,500万円
  • 死亡・肝がん・肝硬変(重度)(死亡後または発症後提訴までに20年経過) 給付額900万円
  • 肝硬変(軽度)給付額2,500万円
  • 肝硬変(軽度)(発症後提訴までに20年を経過し、治療中)給付額600万円
  • 肝硬変(軽度)(発症後提訴までに20年を経過し、現在治療中ではない)給付額300万円
  • 発症後20年未満の慢性B型肝炎 給付額1,250万円
  • 発症後20年以上経過し、治療中の慢性B型肝炎 給付額300万円
  • 発症後20年以上経過し、現在治療中でない慢性B型肝炎 給付額150万円
  • 感染後20年未満の無症候性キャリア 給付額600万円
  • 感染後20年以上経過した無症候性キャリア 給付額50万円+定期検査費など(※注1)
  • この他、次の内容が支給されます。1.訴訟等に係る弁護士費用として給付金額の4%相当額2.(特定)B型肝炎ウイルス感染者であることを確認するための検査費用

※注1)感染後20年以上経過している場合は、給付金が50万円となります。
また定期検査費として「慢性肝炎等の発症を確認するための定期検査費」、「母子感染防止のための医療費」、「世帯内感染防止のための医療費」、「定期検査手当」も支給されます。

その他、下記の内容が支給されます。
1.訴訟等に係る弁護士費用として給付金額の4%相当額
2.(特定)B型肝炎ウイルス感染者であることを確認するための検査費用

ご遺族の方へ

B型肝炎ウイルスの感染が原因で亡くなられた方は、相続人が手続きをして、給付金を受け取れる可能性があります。

費用はいくら?

電話相談何度でも無料

着手金0円、成功報酬 実質4% 成功報酬制:給付金から後払い。着手金0円、弁護士費用実質4%、印紙代などの裁判経費一律6,500円。

  • ・弁護士費用は給付金額に対して8%(税別)となりますが、うち4%は国が負担します。
  • ・無症候性キャリアの方は、10万円(税別)となります。うち2万円は国が負担します。
  •  (※費用はすべて税別となります。)
B型肝炎給付金請求ナビ | 弁護士法人 みお綜合法律事務所
説明会に行けない方や、近くに相談でいる法律事務所がない方へ B型肝炎給付金請求 Web説明会 弁護士がムービーで「B型肝炎給付金制度」をご説明します 弁護士のフォロー付き

給付金請求に関するチェックシートもご用意しました。